EVE Online - Cyno Jumpの基礎知識を学ぼう [Jump Freighterの運用]

さて今回はEVEOnlineの”移動”についてのお話です

かなりの文量になりましたが、お付き合いいただければと思います

 

Jump Freighterは様々な場面で使われる船ですが9B~11Bと非常に高価です

おそらくHigh-secも運行できる船としてはLimitedShipを除いて最高級の艦船ではないでしょうか

f:id:rist2525:20190827230820j:plain

(筆者の運行するカルダリ連合JumpFreighter ”Rhea”レハ:価格10Billion)

さらに運用はLow,Nullが中心となり常に危険と隣り合わせです

しっかりと確認と手順を踏めば安全に運行できますが、必要な知識を知らないと大損害をこうむります

Jump Freighterを中心に話しますが一般キャピタル艦船も運用する際に必要な知識も合わせて話します

では、CynoとJump Driveの使い方を学んでいきましょう

 Cynoってなに?

まずこの点について確認します

JumpFreighterを含むCapital艦はスターゲートを使わずに自分の船に内蔵されたJumpDriveでシステムとシステムを移動できます

既存のスターゲートに依存せず、宇宙の3Dマップで見た実際の距離に依存し、その範囲であれば一気に星間移動できる強力な移動方法です

 

しかしその便利な装置も自由に起動し移動できるわけではありません

”Cyno”(サイノ)と呼ばれるノロシのような目印をジャンプ先で上げてもらうことで初めてそこにJumpできるようになります

f:id:rist2525:20190827231803p:plain

なのでCapital艦の運用は基本的に2キャラ以上で行うことになります

 

JumpDriveを起動するのに必要なもの

起動はかんたんです

フリートを組んだ状態でサイノモジュールを1キャラで起動します
(起動にはサイノモジュールを装備した船のカーゴに LiquidOzonf:id:rist2525:20190828005721p:plain


が必要量入っていることが必要)LiquidOzonの消費量はCynosural Field Theory のレベルで変動します

次にジャンプする艦船を出港させ、自分の艦船もしくはキャパシターを右クリックし[Jump to ~]を選択すればそこへジャンプできます

f:id:rist2525:20190827233220j:plain

ここで注意しなければならないのは

ジャンプするために
キャパシタ

・燃料(同位体

の2つが必要ということです

キャパシターは船の75%前後のキャパシタがジャンプ時に消費されます

(基本95%の消費でJump Drive Operationのレベルごとに5%消費量が減る、4で76%、5で71.25%)

キャパシターの76%というのはなかなかの消費量です

またジャンプに必要なのはもう一つ Isotope(同位体f:id:rist2525:20190828010030p:plain

とよばれるアイスを精錬した際に出るアイテムがFuelBay(燃料ベイ)に入っていることが必要です

同位体は4大大国のそれぞれで産出される種類がそれぞれの所属する艦船に必要

となります

 

【4大大国】 

Amarr(アマー帝国)-  Helium isotopes

Caldari(カルダリ連合)- Nitrogen isotopes

Gallente(ガレンテ連邦)- Oxygen isotopes

Minmatar (ミンマター共和国)- Hydrogen isotopes

【特殊艦船】

ORE(採掘艦)- Oxygen isotopes

CONCORD - Helium isotopes

 

キャパシターがJumpするとすっからかんになってしまうのでCapital艦船は戦闘地域に出る場合を除いてすぐに充電できるような場所、つまりステーションにすぐドックできるような場所でサイノを上げることが移動する場合は基本になります

 

安全なステーションと危険なステーション

 さて最も大事な項目です

キャピタル艦は高価かつ、非常に重鈍です

誤った場所でサイノを上げてしまうとそれが致命的な結果になってしまうでしょう

 

EVEの宇宙ステーションには様々な形があります

入港は範囲内であればどこでもできますが、出港位置は決まっています

この様々なステーションの中には極端に入港範囲が狭いステーションがいくつか存在します

つまり、出港するとすぐに入港範囲外へすっ飛んでいってしまうのです

これは重鈍なキャピタルでは非常に危険な状態です

なのでこの出港位置からすぐに入港範囲外へ押し出されるステーション、通称

”KickOut(キックアウト)ステーション”

を絶対に回避しなければなりません

 

ステーションは以下のPDFファイルを参照してください

https://eve-files.com/media/1312/Station_Cyno_Placement_Guide.pdf

赤色のものはキックアウトとして絶対に回避すべきもの、

黄色は中間(でも危ないと思う)、

基本的には緑色の安全なステーションを選びましょう

これはすべてのステーションの形を網羅しているキャピタル乗りのバイブルです

ダウンロードしておくことをおすすめします

 

サイノを上げる詳細な位置ですが

基本的に一番怖いのはステーションにめり込んだ位置に船がジャンプインして船が吹っ飛んでいくことですのでできるだけ開けた空間に上げるのがいいです

が、あまりに外周で上げると今度は何かあったときに入港範囲外へすぐ出てしまいます

なにもないところかつ内側、できない場合はできるだけ入港範囲を示す点線の円の中心で上げることをおすすめします

f:id:rist2525:20190828001358j:plain

(赤い矢印が示す青白い点線の円が入港可能範囲)

サイノモジュールにカーソルを合わせると赤い約5000mの球体がでます

これが船が出現する範囲なので調節に使いましょう

 

 

プレイヤーステーション”Citadel”

NPCのステーションは上のPDFファイルに書いてありますがプレイヤーの建てたステーション”Citadel”はこのPDFファイルが作られた後に登場したので書いてありません

基本的にCitadelは大きめの入港範囲を持ち、キックアウトとなるものはありません

ただし大きな違いとして入港できる船に制限があるということです

詳しくは書きませんが

基本的にJump FreighterはMサイズ以上のドック可能な建造物にはすべてドックできます

CapitalはLサイズ以上、SuperCapitalはXLサイズのKeepStarにのみドックできます

なのでドックできないサイズのCitadelに飛ぶ際はかなりの危険が伴うことを覚えておいてください

 

もう一点注意する違いがワープ妨害をかけられたときの挙動です

NPCではステーションでは何をされようがドックボタンを押せば兵器タイマーがない限りすぐにドックインできますがCitadelは

自分のワープコア強度以上の妨害をかけられているときは入港できない(テザーも受けられない)

ということを覚えておきましょう

ジャンプした後のんびりしていてワープ妨害をかけられて入港できなくなるなんてことは避けるようにしなければなりません

 

Jump Fatigue(ジャンプ疲労

さてジャンプした後について話しましょう

1回で目的地に到着するならいいですが、複数回必要な場合もあるでしょう

その際に気をつける必要があるのがJumpFatigue(ジャンプ疲労)です

これはキャラクターに紐付けられたステータスで船ごとではないことに注意しましょう

 

ジャンプ後は左上にf:id:rist2525:20190828002845j:plainこのようなタイマーが表示されるはずです

水色とオレンジ色がありそれぞれ

オレンジはジャンプできない時間、水色はジャンプできるが潜在的に残っている疲労

を表しています

水色のタイマーが残っている状態で次のジャンプをするとその疲労は次に持ち越され蓄積します

つまり短時間に何度もジャンプすればするほどオレンジのタイマーの長さが長くなりジャンプ不能時間が伸びるという仕組みです

可能な限り水色の疲労を消化さるよう時間間隔を開けてから、次のジャンプを行ったほうがジャンプ不能時間を短くできるということです

疲労のたまり具合はジャンプする艦船に疲労軽減ボーナスがついている場合や、ジャンプ距離の長さによって変化します

Jump Freighterや輸送艦には軽減ボーナスがついていることが多いです

 

Jump航路の選定(DOTLANの使い方)

次の別記事にてまとめる予定です

もう少しお待ち下さい

 

JumpFreighterのHigh上げ

さあ、最後の項目です

これはHigh-secを移動できるJump Freighterのみに関係することです

荷物をLow-secからHigh-secに輸送する機会がJumpFreighterにはあります

実はここが最も危険な瞬間です

というのもJumpFreighterはキャピタル艦とはいえしょせんは輸送艦

FitによってはSuperCapitalのNyxにかかれば一撃でふっとばされてしまう危険性があるのです

 以下の動画は私が遭遇したNyxによるJumpFreighter襲撃の様子です

 

 

www.youtube.com

 ==========
2021.7.10追記

最近はモバイルサイノビーコンをあらかじめアンカーしておきそこに飛んでくるという手法もあります

放置されたモバイルサイノビーコンがある場合はアンドックしないほうがいいでしょう

 

またNyxだけでなくHelも使われることがあります

SuperをそのシステムのPOSに置いておき、直接ステーション前にワープランディングさせて殺す手法も新たに開発されています

 ==========

これを防ぐために気をつける点は2つ

まず自分がジャンプインしたあと別のサイノ艦が同じ場所でサイノを上げたら注意する

(襲撃者はよくダミーのJumpFreighterを飛ばしてきます)

次に、ドックインして出港したあと直接ワープボタンを押さないこと

これはどういうことかというと、システムのカラクリでワープボタンを押してしまうと船を一時停止させないと入港ボタンが押せないのです

なので襲撃者は相手がワープインを押したのを確認してNyxをランディングさせます

JumpFreighterを運用する側は気付いて慌てて入港ボタンを押すもまずは艦船を一時停止させなければ入港できないので、その一瞬のすきを襲撃者は突くわけです

 

これを回避するためにはまずHigh-secへの出口となるスターゲートへワープボタンを押すのではなく”アライン(軸合わせ)”を押すことです

アラインしている場合は特に一時停止することなく入港が可能なので相手が仕掛けてきたらすぐに入港すればOKです

アラインが完了したのを確認できたらはじめてそこでワープボタンを押せば隙なくHigh-secへ移動できます

お試しあれ

 

さて長くなりましたが以上でEVEOnlineでキャピタルを運用する基礎は終わりです

まだまだ細かいノウハウもありますがそれはまた別の記事にて書いていこうと思います

それではまた

 

 【EVEOnlineを新規で始めたい方】

フレンドプログラムを利用してみてはいかがでしょうか!

以下のURLからアカウントを作ると追加スキルポイントが貰えます

https://www.eveonline.com/signup/?invc=be4bbf3c-4f93-40e1-9bfa-5fbd8b38a1cc

www.eveonline.com

【筆者紹介】

ちょっと硬派でディープなゲームをするゲーマーです

Youtubeで動画を上げているのでもしよければ遊びに来てください!

www.youtube.com